大賑わいのアースデイ

昨日は、娘と孫と一緒に代々木公園のアースデイ会場に行った。たくさんのブースがあって、そこに家族連れや若い2人などぞろぞろと来客が多かった。温暖化ガスのCO₂がうなぎ上りで、激甚台風の発生が増え、大雨と砂漠化がいたるところでみられる。オーストラリアの東海岸のサンゴ礁の大規模な白化、北極海の氷は薄くなり・・・・・・そしてチェルノブイリに続いて福島の原発事故。シリアやイエメンでは内戦が続き市民がその巻き添えで殺され、難民になっている。

戦争を止め、エネルギーの転換、ライフスタイルを変えないと地球は人間が住める環境ではなくなってしまう。世界各地でこのような危機感から市民がアースデイとして同時期開いている。
アースデイ
自転車を超えて充電しているところ。
加藤登紀子の歌もきけた。フランス大統領選でのルペンの移民排斥に抗議し、自由なフランスを、メランションへの期待をいっていた。私も同感
一橋大学の学園祭に右翼の百田某を呼ぶような最近の学生状況だが、この会場をみていたら少しは希望があると思った。


韓国の山で会った人に写真をメール送信したら、即座にそのお礼が来た。
私も、朝鮮半島の平和と日韓民衆の連帯を深めましょうと返信したら、以下のような再返信がすぐに来た。
我々よりも深刻な危機状況にある韓国の人たちと一緒になって、何としても朝鮮有事を阻止しなくてはならない。声をあげないといけない。
それにしても英語の学力が落ちていまして・・・・・・・

Dear Nobuo Wada,

Thank you for your reply.
I believe your wishes will come true
if we hope from the bottom of our heart
and try to promote peace and solidarity.
Let's make efforts hand in hand.

Take care of yourself and have fun all the time.
See again
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク