ブリューゲル「バベルの塔」の展覧会に行った

昨日は初夏の好天休日、私は上野の東京都美術館で知り合いの工芸作品展を見に行った。そしたら同会場でピーター・ブリューゲルの「バベルの塔」展が18日から開かれていた。シニアだと千円と安いし、まだそれほど多くの見学者ではないので見た。「塔」のところだけは、立ち止まらないでくださいと言われたが、他は立ち止まってもOK。すごい絵・・・・・千四百人の労働者、コロッセウムを模した高層建築の窓は下から上まで形式が変わり、建設するのに日時がかかっている。マーそういうことをビデオ説明などで知った。

ブリューゲルといえば、当時のネーデルランドの農民や市民を書いた作品が好きだ。そういうのが少なかったのは、ちょっと不満。

同美術館では他にも展示場がいくつもあり、目的の工芸展や水墨画、書道などタダでみることができる。知り合いの作品は、文鎮を大きくしたような茶色の陶器で、「暁闇の嶺」という表題。備前焼の作り手だ。私は投機よりも絵画に目をひかれ、うまいなーと展示品をゆっくり見た。

西郷さん
西郷さんがこの通り、紋付袴の正装をしていた。何の催しなのか?像の下では、神輿がわしょい、和太鼓でどんどんとやっていた。

帰りには池袋駅近くの公園で開かれている古本市に立ち寄り、古い絶版の文庫本をたくさん買った。

フランスではメランションが負けた。排外主義のルペンを落とさないといけないだろうが、かといってEU支持できるか。可哀そうなフランスの選挙民だ。//沖縄うるま市の選挙は自民党系現職が勝った。どうも最近はオール沖縄は負け戦だな。古屋発言は、オウンボールにはならなかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク