山の中に巨大な太陽パネル

本日は晴天なので東武東上線で小川町に行き、ハイキングをした。新緑がきれい。スミレや二輪草、ツツジが咲き、とてもきもちがいい。
小川町駅前
小川町駅前ですごくきれいな藤の満開、ウナギ屋さんだ。バスを待つ間にスケッチしたが、花は難しい。

外秩父の42キロハイキングが年1回開かれている。こんな激しいハイクをする気はないので3回に分けてやることにし、これまで2回やり、今回最後で寄居の駅まで歩いた。車の通るコンクリート道が多く、疲れた。幸い、天気急変したが雨にあわずに済んだ。

途中、山の中に太陽パネルを敷いた巨大な太陽発電所を見た。木を切り倒し木株は残っていたが、急峻な坂にパネルを置いてあった。高さにして40m、長さ100m。発電能力は1.9MW(AC)/2.4MW(DC)とあった。大雨で大丈夫なのか心配だ。決してエコじゃないな、これだけ大きくなると。
太陽発電
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク