盧溝橋事件から80年

東京新聞に、7月7日七夕(たなばた)が日中戦争勃発の盧溝橋事件から80年であること、国会前で「忘れるな」の集会があると載っていた。
そうか、80周年なんだ、行かなくっちゃ。
北朝鮮の好戦的な態度を口実に、日本政府はアメリカと一緒になって、戦争、やってやろうじゃないかという姿勢だ。ましてや国内政治は、秘密保護法、戦争法、そして共謀罪と毎年、ヤバイ法律が通った。憲法改悪も危ない。
危機感の空回り。気鬱状態。本を読んだり、ナンプレをやったり、ハイキングをして・・・・・・・・気を紛らせるしかないのだが

7日19時半頃、国会の衆議院議員会館前に行った。50人くらいかな。やっぱり年寄多し。
集会の感じは、加害者としての日本軍、日本人の謝罪を前面にだしていた。日中戦争に対する国民の反省がなく、ヒロシマ・ナガサキ、沖縄、東京大空襲の戦争被害ばかり。そうじゃないだろう。200万人の兵士の飯は現地調達だった。中国の人々にとって、それがどんなにたいへんだったか、考えないとまずいだろう。
でも時がたち、平和憲法の薄皮はペロッとむけてしまいそう。戦前回帰の状況。どうしたらいいんだ。7.7は盧溝橋事件の、9.18は柳城溝事件の記念日。これからそうした記念日には「忘れない」集会を開こう・・・・・・・まーそういう感じ。根暗て、私は好きではないが

国会正門前は、反原発の金曜集会が8時まであり、その後、この7.7記念行動は場所を移した。
国会正門に向かって右側の公園地は、三宅坂の旧参謀本部だった。そこでの集会だ。参加者は100人くらいに増え、参加者がこもごも話をした。甲府爆撃を受けた80歳の人、満州帰国のやはり80の人、群馬の中島地下工場建設で酷使された朝鮮・中国人のこと、学校の先生は戦争の話をそれなりに教えたと自己弁護。と、国会正門前のミニ集会はいい話が続いたが、尖閣列島は中国のものと自信をもって言い出す活動家の話が始まり、領土問題は難しいやと鼻白み、夜も遅くなったなと中座した。
80年前を忘れるな

丁度、原発反対の金曜行動が国会前で8時まであり、こちらには1000人くらいいた。
元通産官僚の古賀さんが発言していた。
①フランスのマクロン大統領は、2040年にガソリンやデイーゼル自動車の販売を終えるという。電気やプラグインハイブリッドに切り替わる。ドイツはもっと早い。日本は今もって再生エネルギーに臆病で、相変わらず原発や石炭たのみ。今や風力、完全に乗り遅れだ。
②都議選で自民党惨敗はいい。しかし、都民ファーストとは何だ!代表になった野田というのはもともと右翼。軽く考えない方がいい。
③反原発連合会の金曜行動はずっと続けよう。


6月号の組合新聞は、次の通り。
悠YOU
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク