腰痛だ

13日の日曜日は悪いことが続いた。
本の少しかがめたら腰に違和感。大したことはなかろうと思っているうちに眼鏡ケースを落とした。しっかりしめておかなかったためレンズを直撃し、割れた。眼鏡取替えは6万円。腰はその後ひどくなって、お盆休み明けの昨日、近くの接骨医院に行った。腰痛の爆弾を抱え、再発しないようにしてきたのだが、北アルプスの疲れが出たかな。踏んだり蹴ったりだ。

今夏は雨ばかり、それも最近は冷夏の様相だ。庭にはユリや朝顔が咲いた。ゴーヤーは緑のカーテンで繁茂しても実はちっともできない。
中島敦を読んで腰痛飛んでけ、と過ごしている。
ユリ咲いた

8月終戦記念にちなんで、いいテレビ2本みた。長崎原爆投下の浦上被差別部落民のたどった戦後の差別体験。学校で先生を含め、はげとか原爆と言われ、卒業証書授与のとき、初めて本名を呼ばれた//もう1つは、インパール作戦を指揮した牟田口ら指導部の無責任さ=戦死者4万に対し病死者3万人。彼は戦後も作戦の正当性をいって反省の弁なし。

アメリカではKKKなど白人差別主義者がトランプ政権発足とともに蠢動している。その反対運動に対し、トランプは喧嘩両成敗の対応、正体見たり。彼はKKKを擁護したいが、そうはいかに彼でもはばかられたのだろう。
人種差別を容認することは絶対に許されない。我々アジアの黄色人種にとって、奴のアメリカファースト、白人第1の差別的な世界観が北朝鮮対応に反映するのではないか、それが怖い。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク