第2次朝鮮戦争の挑発をやめろ

天候不順の夏。ムシムシするし、ひどい政治状況だ。私の腰痛はどうにかこうにか目鼻は着いたが・・・・・
今春のソウル近郊の低山ハイキングで知り合った韓国の男性Wさんに槍ヶ岳の報告写真をつけ、和英辞書で時間をかけて朝鮮戦争が起きないか心配だ。日本の安倍はアメリカの追従やっているが、北朝鮮を怒らせたら日本も大変なことになる。私は心配なので何とかできないかと焦っている、と書いた。

そしたら英語の得意な彼から下記の返信が2日後に来た。やはり思いは同じ。第2次朝鮮戦争=第3次世界戦争との厳しい認識だ。200万同族殺しの過去を持っているから、その緊迫感は我々の比ではなかろう。
バカ者通しのいがみ合いが本気になったらたまらない。日本の国民はアメリカの高い武器を買うよりも緊張緩和に向け、韓国と手を携えるべきだ。以下友人からの文章の抜粋。

I am also against war under any condition.
My mother was born in Hiroshima in 1940.
She has experienced the atomic bomb.
Even though she was very near to the center of explosion,
fortunately she don't have any aftermath but convulsions in childhood., as grandma said.

Recently, tensions build up in the Korean peninsula.
Insane Kim and Trump are fighting in words.
Shrewd Abe encourages him rather than appeases their tensions.
The density of arms in Korean peninsula is higher than any other region.
The second Korean war will be likely to be the third world war.

We must go hand in hand to ease tentions
and prevent them from aggravating tensions.
I will also try as hard as I can.
Let's go all out with it!
朝顔咲いた

中島敦の選集を読んだ。李陵や山月記は読んだことがあるが、スチーブンス(ジキルとハイドの作家)がサモアに住み着き、原住民が白人たちに植民される過程を日記にした。それを著者の目で書き直した「光と風と夢」や、孫悟空の関係など面白かった。漢字の素養があり文章がいい。

高橋克彦「ゴッホ殺人事件」・・・・・自殺したのではなく殺されたのだ、との疑いが昔からあって、更にナチス占領下のオランダで初期の作品が略奪蒐集された。習作時期にしてもゴッホ作ときたら大変なことにある。それがネオナチの資金源としてでてきた。話がこんがらがって、そういった素養のない者にとってはわかりずらかった。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク