FC2ブログ

沖縄の渡辺君が死んだ

昨日聞いた。
沖縄の辺野古で基地反対の船長をやっていた渡辺君が11日に亡くなった。沖縄では仲間たちが慰霊をした。神奈川でも県共闘中心に追悼会があるだろう。
渡辺氏はたぶん70くらい。私が入社したときには日本ユニカーで解雇争議をしていた。裁判で負けた後、横浜屠場に組合を作り・・・連れ合いが沖縄に行ったのでついて行き、抗議船の船長にもなった。この10年はガン治療で大変だった。根っからの活動家だ。

知り合いに渡辺が死んだってな、と聞くと、直前の2日の神奈川県共闘総会に沖縄から来て、ダイイングメッセージをした。
そのメッセージはこんな感じだった。
*本土で過激派活動家に適用されてきた弾圧が、沖縄では平和センターの山城議長レベルにかかった。
*オスプレイやヘリコプターが落下しても、政府だけでなく国民も平然としている。これが今日の沖縄をめぐる状況だ。
*ぜひ辺野古や東村に来て座り込んでほしい。そしてどうしたらいいか考えてほしい。

渡辺氏の連れ合いは数年間、争議中の全石油ゼネラル石油精製労働組合川崎支部の組合員であった。そういう関係もあり、懐かしい活動家だ。追悼!

<沖縄のことで>
組合員OBのF君は何度か辺野古の座り込みに参加しているのだが、9月に聞いた話。
土産で買った沖縄のタンカンを、団地の子どもたちにあげた。その翌日、お母さんがお礼をしながら、「沖縄では日当がおいくらだったのですか」といったそうな。特に右翼でもない普通の、化学会社1部上場の社員妻が、まじめに聞いてきたという。「そういうばかなことをいうんだったら、もうあなたとは話をしません」とFは答えた。
東京MXテレビが報じた「座り込みで日当」とか「中国人や朝鮮人が主導」といったデマ宣伝はこのくらい草の根に伝わっている。

東京新聞の夕刊によると、米軍ヘリが窓枠を落下した小学校に30件もの嫌がらせ電話があり、翁長知事が沖縄差別だと抗議した。予想されるデマ電話は、「基地のまわりに住むから悪い」「基地近くに小学校なんか作るな」そんなところだろう。
本当に情けない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク