長浜の観音さん

昨年、長浜市の仏像展を上野の美術展で見て、「ふるさと納税」を送った。その関係で、長浜市から千手千足観音(近江西野 正妙寺)を東京で展示したのでギャラリートークにも来てください、と誘いがあった。23日、上野・不忍の池へ行った。
千手千足観音立像
40㎝くらいの木像で、こわい形相。裸形で、夜叉のような観音さんだ。よく見るやさしいお顔とは真反対。江戸時代の作品で、たぶん古いものを作り直したとのこと。類似品はなく、日本唯一の菩薩だ。
長浜、湖北地方には観音さんが村人に守られ、村ごとにたくさん残っている。

トークで氷解した。
どうして一向門徒の村人が密教の仏像をありがたく祈り、守ってきたか。
村には世話方がおり、ずっと仏像を守ってきた。野洲富男(70歳)は、「自分も浄土真宗だが、自然と祈りをする。宗派など関係ありません」とおっしゃった。そこらのところ、村人が大切に守ってきた仏像への感情は井上靖「星と祭り」にあると、学芸員が紹介してくれた。
時間をみつけ、湖北には行きたい。

不忍池は蓮が枯れ、寂寥感ある都会の風景だ。ユリカモメや鴨を見るにはいい。
冬の不忍
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク