労働運動は冬景色

昨夜、全国一般など中小企業の組合の春闘総決起集会があり、銀座の会場に行った。1000人は入れるのに半分もいない。
同じころ、官邸前では「安倍首相は責任取って退陣しろ」の抗議行動があり、そちらに行こうと思っていたが、労働組合による集まりがあるというのでこちらに行った。
安倍内閣は今国会で「働き方改革」などといいながら、残業代ゼロや残業の野放を促す労基法改悪をやろうとしている。大変困ったことだ。だが、当事者である労働者の動きは鈍い。連合や第2人事部たる大企業労組が何もしないのは当然としても、全国一般のような中小企業の労組団体も活発ではない。この集会を見る限り、彼らも組合員の動員ができなくなった。
私のやってきた大企業の少数組合は解散したし・・・・・・
規制緩和に直面しているフランスの労組はストで抵抗しているが、日本の働く者は無気力。雲泥の差、随分違う。

銀座の集会場から新橋駅近くの公園までデモしたが、組合旗だけが多く、隊列は300人くらいしかいなかった。
新橋駅近くは新入社員歓迎会の労働者諸君でいっぱいだった。楽しそうでいいんだけど、「今日、労働法改悪の閣議決定されたけど、どう考えているのか」、と寒々しく思った。

デモ終了後、新橋の飲み屋はどこも混んでいて、どうにかこうにか入り込めた。

済州島事件70年で文大統領が謝罪
私も金石範の小説でしか知らないのだが
1947年、韓国の済州島で10万人を超す(人口のほぼ1/3)大虐殺があった。それから70年。被害者親族は「共産党=赤」とされるのを恐れ、またあまりにひどいことがされたため「なかったことにする」PTSDで、この惨事は韓国で公にはされてこなかった。
離島の済州島は貧しく、日本統治下では、多くの島民が日本に出稼ぎに出た。日本が敗戦し、元島民の多くが祖国復興のためにと帰国した。しかし、米ソ対立の影響で南北に分断された。済州島ではこれに反対し蜂起し、その中心は帰国した若者だった。火山島でのゲリラ戦は物量で敗退し、部落毎殺された。金石範は島から逃げてきた経験者だ。

これを4.3事件という。この記念日に、文大統領は政府としての慰霊と遺族への謝罪をした。
70年かけてようやくできた韓国民衆の勝利だ。
南北の和解が一本調子に進むとは思わないが、統一に向けてがんばってほしい。分断の原因を作った日本は、その邪魔だけはすべきでない。
高尾の山吹絵
これ高尾の山吹です。
スポンサーサイト

コメント

山吹鉄砲のヤマブキが咲いていますか。太田道灌を思い出します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク