袴田再審却下とは!

昨日、東京高裁は袴田事件の再審を却下した。静岡地裁の再審決定から4年、よもやこういうことになるとは思わなかった。検察は事件の証拠品の開示を避け、そのくせ今回のような新手法のDNA鑑定にいちゃもんをつけ、自分たちの権威を守ろうとし、裁判官はそれに同調した。正々堂々と公判で白黒つければいいだろうに。
人の一生を何だと思っているのか。
森友事件で佐川すら起訴できないくせに、こういうときだけ検察が偉そうに立ちまわる。何とも腹が立つ。

全然別件>
コスモ石油が3月20日発表した千葉製油所のトッパー2基存続(1基廃止の計画取り止め)について、事情通に聞いた。
キグナスを加えたことによるコスモ側の影響もあるが、主因は相手側のJXTGとの関係悪化のようだ。5割の市場占有となったJXはコスモとの共同による千葉製油所の位置づけを変えた。当初計画ではコスモ残渣油をJに送り、J黒油をコスモのレジッドにかける、だった。両社のプラントのいいとこを融通し1つの製油所に効率化させ、コスモの2トッパーの1つを閉じる。その基本がJ側の環境変化によって、残渣処理に後ろ向きになった。それでコスモはもともとの2トッパーを維持することにした、とのこと。
公的資金を使って応援したMETIは今後どういう顔をするんだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク