FC2ブログ

北海道は雨だった

6月27日から7月2日にかけ北海道の旅をした。前半は北大恵迪寮の同室者との懇親会、後半が暑寒別岳と徳舜瞥岳の山歩きをした。往復LCCでレンタカーで動き、ユースホテルなど旅館も安いところですませ楽しい貧乏旅行であった。写真をつけて以下報告

神威岬
28日、積丹半島の先端にある神威岬の先端にあるローソク岩? すごく格好がいい。
余市にあるニッカ工場での試飲は3種類、結構飲ませてくれた。

29日には懇親仲間とバイバイして小樽から滝川へ。その前に小樽の運河をみた。運河は潰される危機があったが、市民運動で保存させ、今では大観光地だ。

夕張岳を歩いてきた山仲間と合流し、山小屋としてはとてもきれいな南暑寒別小屋で泊まり、30日の翌朝、雨竜沼、南暑寒別岳に。天候はあやしい。
雨竜沼、こんな感じ
雨竜沼は尾瀬に並ぶ高層湿原。歩くのは私。花の写真・・・水芭蕉と白花延齢草など花がきれいだった。
水芭蕉
白花延齢草

南暑寒別岳

雨竜沼から南暑寒別岳まで小雨。この日の山行は泥濘8時間ときつかった。

7月1日は大雨。予定登山はやめて、野幌の北海道資料館や開拓村を見た。松浦武四郎の展示が始まったばかりであった。松浦は日記や報告書を書く天才、資料がたくさん残っている。また、アイヌ人への抑圧に涙する人だった。
開拓村では無料ガイドの説明を聞いた。懐かしくて、北大恵迪寮の前では5年前動揺写真を撮った。

2日、最後の日。午後から雨降りの予想。
千歳に近い徳舜瞥岳がいいと、前日、開拓村のガイドおじさんに聞いたのでそこに行く。3時間の往復で北海道100名山の一つに登れるのだ。しかし、行きはよいよい、帰りは大雨、泥んこ下山だった。
徳峻別岳

LCCは安いだけに荷物制限があって、7キロまで。雨でぬれた衣服を宅急便にして、軽くし、娘に頼まれた美瑛のコーンパンを空港内で探したら売り切れていた。

以上のように北海道を有効に6日間回った。1日の夜に焼肉(マトン)食べ放題のせいか、体重は2キロも増えていた。

この間に「働き方改革」の高度プロフェッショナル制度や過労死ラインの残業法制化が通った。国会最終場面で、国民民主党が連合に言われたのか、野党共闘から身を引いたようだ。






スポンサーサイト

コメント

いいですなあ

引退した身なれば、現場の従業員が合併後に苦労しているのに楽しそうですなあ。
貧乏旅行とはいえ、株主さまですからねー。
高年齢層の方々には失われた20年の苦しみなんて理解できないんですね。
せいぜい、国政闘争で余生を楽しんでください。JXも世論も変えられない人たちの言説に惑わされるほどTGの従業員はバカではないんで。
そうそう、財界の社内交友費の記事は読みましたよね。現実はあれよりひどいですが、組合としては何もできないんですかね?る

Re: いいですなあ

> 引退した身なれば、現場の従業員が合併後に苦労しているのに楽しそうですなあ。
> 貧乏旅行とはいえ、株主さまですからねー。
> 高年齢層の方々には失われた20年の苦しみなんて理解できないんですね。
> せいぜい、国政闘争で余生を楽しんでください。JXも世論も変えられない人たちの言説に惑わされるほどTGの従業員はバカではないんで。
> そうそう、財界の社内交友費の記事は読みましたよね。現実はあれよりひどいですが、組合としては何もできないんですかね?る
財界の記事って何ですか?教えてくれますか。

合併後の従業員が苦労しているのに・・・今頃泣き言ですか?自分たちでは経営が行き詰まり、従業員を犠牲にしても、自身の保身、地位の確保を条件にした合併だったことは明らか。それに反対もせず受け入れておいて、いまさらOBに愚痴とは情けない。TGの従業員はバカではないと言うなら行動で示せ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク