FC2ブログ

タイの方が涼しいらしい

タイにいる友人からのメール・・・・・・・・・・タイは暑いかなーと思って来ましたが、最近は日本の方が暑いようで驚いています。
こちらは雨期なので雨や曇りがちの日が続いており、最高温度30℃+程度です。なんかタイで避暑?のような変なことになっていますね。

最高気温が40度になる日本は、亜熱帯どころか熱帯である。数日前の城ヶ島の岩場ではごみの中に水クラゲがいっぱいいた。中に赤い毒クラゲもいた。8月クラゲ到来が、海水温上昇でどんどん早まった。

瀬戸内海中心に襲った集中豪雨の被災は200人を超す死者・行方不明そして甚大な家屋や道路、鉄道の損壊をもたらした。被災地では熱暑の中、復興に向けて懸命である。私も若ければボランテイアにも行っただろうが、赤十字に寄付することしかできない。貧者の一灯である。福岡県の朝倉市から被災1年で復興した、そのお礼の手紙が来た。あの豪雨から1ねんしかたっていない。天災は想定外で起きるなんてのんきなことを言うべきではない。常時備える体制を。

嘘つき内閣・安倍自民党政権はこの被災当日に赤坂で飲み食いをし、Vサインをしてはしゃいでいた。オウム事件の7人死刑の前祝いか、幸徳秋水らをデッチアゲ殺した大逆事件に次ぐ「快挙」なんてなかなかできるものではない。
政権は、被災自治体とは違って俯瞰した緊急援助ができる。緊急予算を組まなくてはいけないはず。ところが、自党有利の参院定数増やカジノ法案を通すことに専念した。被災地に冷たい。こういうときに役に立たない政権や国会というのは一体なんだ。

暮れ行く国会
昨日、戦争法制定された2015年9月19日の月命日に当たり、国会前で安倍政権打倒の集会が開かれた。集会の写真をとっていたら、国会図書館あたりの夕焼けがきれいだったので写した。

集会では、安倍政権の腐敗、欺瞞、ひどさに怒り、そして、にもかかわらず逃げ切られていることへのあほかという思いを発言するのが続いた。
沖縄の辺野古では来月護岸への土砂搬入が始まる。病身の翁長知事は行政の立場から差し止めを支持する動き。軟弱地盤で活断層があるのに新基地を作ることの無謀さも指摘されている。
私も暑い沖縄に何日かは行かないといけないだろう。

過労死遺族の会からは、過労死促進の労働法改悪に怒り・・・・・・それとともに、年間2000件の過労死の訴えに対し800件の認定がされていること。訴えること自体、氷山の一角であるが、800人の認定遺家族が毎年あっても、過労死の悲惨を繰り返さない活動をする人は1人もいないというのが実態だ、と述べられた。
過労死を止められなかった家族の屈折した、内にこもる悲しみは、「過労死なくせ」という形で外に向かうエネルギーにいかないのだろう。

集会では、韓国のように100万人デモをやって安倍政権打倒しよう、韓国でできて日本にできないことはない、と威勢のいい話が多い。国情が違うし、民意が低すぎて比較できないんじゃないのかなー。

石油はさらに上がる
150円台のレギュラーガソリン価格が定着し、さらに上がろうとしている。アメリカによるイラン制裁で原油高騰が引き金だが、こと日本では経産省主導の石油企業寡占化が影響した。3つの企業・グループに再編され、業転玉が少なくなった。だから元売りの業績はすごくいい。しかしこれも程度もので、あまり高ければ輸入製品が入ってこようし、消費者も買い控えをする。長期的には電気自動車への促進加速となろう。石油企業は石油からの多角化を急いでいるが、さて間に合うか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク