FC2ブログ

品のない政治が続く

安倍政権になり、国会は社会を壊す法律乱造機関になり下がった。水道の民営化に道を開く法律、安上がりの外国人受け入れ、沿岸漁業の企業参入など、いずれも企業にしか目にしないもので、今後大きな禍根を残すことになろう。

昨日、神保町の教育会館で「沖縄の民意を踏みにじるな/辺野古新基地建設強行を許さない首都圏集会」があった。野党5党と2会派が勢ぞろいした。その中で、いくつか知らぬことを聞いた。
*行政不服審査というのは市民が行政を訴えるものであって、沖縄県の埋立承認撤回を防衛省の沖縄防衛局の正副所長連名で訴え、それを国土交通省が認めるなんてありえない。脱法行為。ましてや、沖縄防衛局には国土交通省の役人18人が出向し、彼らは海洋土木の技術者であり、副所長はその出向者。つまり、防衛省は埋め立てなんて何もわからないので国交省が全て肩代わりしているし、出向者の訴えを元の役所が認めるなんて、茶番にもならない。
*琉球セメントは宇部セメントの系列で、今度の土砂積み込みのコンベアなどすべて防衛省のお金でやった。この会社が今後、沖縄で生き残れるのか?稲嶺元知事の関係会社が、どうしてこんなことに手を貸したのか!
 設備変更の工事完了申請前に積み込み作業開始したのはおかしい/目的外使用/赤砂汚染対策がない、などの県抗議で、1日だけ作業停止し、再開。積み込んだのは岩なので赤砂対策不要と、詭弁

14日には土砂を投入するといっており、沖縄現地とともに東京でも防衛省や官邸前で抗議行動がある。

下品な政治だと達観していても仕方がない。知らぬ間に予算100兆円、うち軍事費が10兆円<5兆円+5兆円(ローンや予備費使用>)。借金だらけでアメリカ追従の軍事。安倍を退陣させないことにはますます禍根を残す。

言っても詮無いが、フランスの人たちの怒りと行動が羨ましい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク