夜中に目が覚める

この1週間、寝つきがよく、しかし夜中に目を覚ましてしまう。がんばって横になっているより、テスト勉強。はっきりいって面白くないので長くは続かない。明け方前の涼しいこの時間帯、考えるにはいい。

昨日夕方、会社人事から電話連絡があった。永年勤続の2年有効旅行クーポンに、国税から「甘い」と課税処置を指摘された。それで1年限定、それ以降の利用は10%程度の課税にする、これが1点。
もうひとつはレクレーション補助のリロクラブ利用でレターを出すことにした。ほとんどの従業員は制度をうまく使っており何も問題はない。ところが、年間70件、80件と使う者が3%ほどいる。どう見ても普通の利用ではない。会社負担が大きく、それで使用制限を考えたが、全体規制になるので注意喚起をする。「本人・親族の利用に限るよ、不正は許されない」と。その上で、度ひどいものに対しては8月利用から個別に対応する、という。

1点目は税務署のいうことなのでどうにも仕方がない。2点目は本当に情けない。賃金や様々な条件に恵まれているのに、常識外でホテルを利用する輩。ホテルを転々としているような使い方だというからたまらない。一部の心ない者が権利を濫用し好き勝手をやる。そうして新たな規制が作られる。社会性のないものが多くなっている今日を反映している。

和田さん、パブコメなんて全くダメなんですね

METIの装備率アップに対し、昨日会社は検討中との従業員レターを出した。工場の1つが潰されるかもしれないのに、周りを見る限り何も変わらない。反応がない。手の届かない物事には関知しない、そういう雰囲気である。

それでも、知り合いから2つの反応があった。Aは50歳を過ぎ、事業所閉鎖や配転を受けてきた。そして、今いる職場も追い出されるとみている。「知ったからといってどうするわけでもないが、METIに対する会社の結論はいつ出てくるんだ」と聞いてきた。「工場1つを潰すんだから10月ってことはない。8,9月には聞こえてくるんじゃないか」と私。それだけ。

Bは和田の提出したパブコメとその返信を見たといい、「あの答えは何ですか。パブコメなんて何の意味もないんですね」。初めからわかっていたけど、いうだけはいっておこうと私。ソロモン競争力の強いところを潰してどうする、低装備でも運転で劣性原油の処理をしている、なんて具体的に書いたのは良かった。無理やりの拒否答弁があからさまに見えた、とも感想を述べた。ケミカルの定期整備が8月に始まり、そのあわただしい中でのやり取り。工事が終わったら「飲みましょうや」
以上
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク