衛生管理士の試験があった

今日は衛生管理士の試験が市原であり、終わって夕方、近くの極東石油(KPI)の組合執行委員会に出て、22時家に着いた。疲れたわい。

国家試験はひっかけが多く、5択のうち大体悩むものが2択残る。終わってテキストで調べると間違ったところばかり目に付く。気弱だが、発表まで合否はわからない。

6月は冷凍2種、7月は衛生1級と、この2月間、試験勉強にかかりきった。といっても夜のお酒の付き合いはやったが。禁欲したのは小説読みをやめ、そしてハイキングは高尾にちょっといくだけにした。冷凍の検定は受かり11月の本試験まではまだ時がある。衛生がどうなろうと、これで夏休みを前に勉強終わり。

KPIの執行委員会は8月の定期大会準備であった。大会前に、来週からは「年金改訂の投票に丸を」と職場集会を開く。「ちゃんと説得してね」と私。
先の役員選挙で、委員長は平成採用組みの若い世代になった。そして製油所のオペレーター中心の組合で管理部門の役員が不足していたが、若干バランスを取る布陣になった。新入社員のほとんどが組合員になった。過半数なので組合費徴収も会社に頼む時期にきた。

そして、METIの製油所規制について、大会前に会社に質問をし、組合員に危機感をもってもらうことが必要だ、などと話し合った。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク