明日は賃金制度改定の第1回交渉

明日は堺工場に出張だ。賃金制度の改定を会社が提案し、その1回目の団交である。普通は品川本社でやるのだが、組合の出席者が私以外堺なので、そうなった。
会社は事業所ごとに説明会を開いており、大きな問題はないようだ。

定昇制度の復活で、個人個人の賃上げが明確になる。それはいいのだが、業績格差が広がる。そして春闘がさらに形骸化する。「標準年齢」から12月31日の「実年齢」に変わるのも、早生まれ差別となる。

まーそういう話をこれからやるのだが、METIの装備率アップに比べどうでもいいといっては語弊があるが燃えない。燃えない理由はもうひとつあって、多数組合と会社間で1年かけて原案を作り、こちらは蚊帳の外。面白くない。

とはいえ賃金制度は大事。団交では、30~40代の組合役員に頑張ってもらい、メモに専念したいものだ。

METI関係のこと
川崎工場100号地のプラントに来年の工事として、環境対策にそれなりの額の計画があるようだ。「装備率アップ」で分母減らしの下馬評にでているところなので・・・・・・・・・100号地のプラントは大丈夫かな。そしてもう少し夢想すれば、FCCの改造の方向にあるんではないか。そう思うんだけど!!!

川崎200号地のケミカルプラントがようやく定常になったようだ。勢いよく燃えていたフレアも今日は静かになった。さぞや関係者の方は疲れたことだろう。


たまにはハードボイルドもいいや

久しぶりに大沢在昌のハードボイルドを読んだ。「砂の狩人」。
人殺し、それだけを楽しむ変質者。
中国人マフィアと日本暴力団の勢力争い。
警察庁キャリアと現場の刑事の軋轢。と、小説は社会の暗部の勉強をさせてくれる。いろいろ複雑怪奇な事柄が絡みながら進んでいき、破局に。大沢の暴力小説の主人公は、最後に、やはり死んだ。

11月14日の国家試験の勉強をそろそろ始めなくてはいけない。
スポンサーサイト

コメント

こんな記事ありました。心配です


http://speedo.ula.cc/test/r.so/toki.2ch.net/bizplus/1285886644/1?guid=ON

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク