身障者雇用を進めてほしい

先ずは昨日の沖縄の記事で間違い修正。24日に事故は起きたので1日ミス。流出量は400KLでなく46KL,原油でなく重油のようだ。早とちり申し訳ない。

身障者雇用促進で、企業は1・8%雇用をすることになっている。
組合は秋闘で法定雇用達成を求めたが、なかなか実現しなかった。TGは長年それを満たさず「罰金」を払っていたが、当局からの強い圧力があって昨年ようやく到達した。新規採用者は、1年契約で賃金も社員より低いようだ。
でも、会社からは、定着せず退職する例が多く、難しさを聞いていた。

そんな例を最近すぐ近く、自分の職場で見た。
若いときの交通事故で、手が不自由な方だった。30台の物静かな人。2週間もしないうちに出社せず、最近辞めたという。神経痛を抑える薬の副作用で動けなくなって、出社どころか、メールや電話での病欠の連絡もせず、ずるずると過ぎてしまい。そして退職へ。

本当に病気のせいなのか、それとも長続きせず無断欠勤を何とも思わない性質なのか、私にはわからない。ただ反省することは、彼を応援する職場の体制がなかったのは確か。
私は、彼が身障者採用であることすら知らず、どこかから異動してきた社員と思っていた。「よろしくね」と一言あいさつした以外話をしなかった。

当初はいいところに採用された、がんばると喜んでいたという。本人も、そして採用し教育していた関係者にとっても悔いが残る結果になった。会社にはぜひ、これにめげず、これを教訓に身障者の雇用を進めてほしい。

稲刈りが終わって、ひこばえ。大山ふもと

和歌山の有田では、共産党が新聞の朝刊にTG閉鎖反対のチラシを入れた。民主党の地元議員がMETIに申し入れをした。
地域の雇用・財源で地元は動いているのに、当の和歌山の従業員はどうなっているのか、音なしだ。多数組合EMGUの支部長会議とやらの報告を見ても、今後の組合の進め方を議論しても、METI装備率については議論すらされていない。。どうなっているんだろう。

明日からAPECの会議があって、それで川崎工場へいく道路は厳戒態勢になる。検問だらけのようでいつつくのかわからないとも。警察国家はやめてほしい。

以上
スポンサーサイト

コメント

いよいよ月末です。経営者が計画提出期限ですね。来週から動きが慌ただしくなりそうですが、しっかりとお願いします

和田さん 
何か本日動きや社内発表ありましたか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク