理解できない日経の記事

これから友人と山歩きへいく。藤野駅8時のバスに間に合わなくてはいけないと早くから目を覚ましてしまった。台風で延期した黍殻山へいく。

昨日の日本経済新聞1面「石油精製能力25%削減/元売3年計画/需要減・規制に対応」を何度も読んだ。130万バーレル削減の数が合わない。JX60、出光10、シェル12は明記。コスモ10は各製油所から減算する、TGは?

すでに発表しているJXからシェルまでの分に加え、さらに「50万バーレル積みました」とあるが、これがよくわからない。

13面には、コスモ、TGとも10~20万の削減が必要と見られ、「最終的には製油所閉鎖は不可避」(証券アナリスト)との見方もある。

出遅れ2社が追加50万のうち30くらいで、すでにMETI既成クリアの3社がさらに20なのか??判読できない。
要するに、現在の国内需要350万バレルにあわせただけのようだ。

見出しでこれだけはっきり書くんだったら数くらい合わせるべきだ。官僚と都合のいい情報筋の寄せ集めの駄文でしかない。それでよくこんな新聞が売れるものだ。

フランスでは年金改悪反対で製油所がストという。日本の製油所では官主導のリストラであっても、まな板の鯉のように静かなもの。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク