ちゃんと帰ったア

昨夜書いたブログが消えていた。どういうことか保存が間違った。

昨日の中央石油支部の秋闘交渉では、思いのほか会社側が前向きに話した。焦点はリテールの九州「撤退」だ。
業績がいいし、大丈夫でしょうと労使共通で確認した。<中央石油はTG100%で、EMの販売子会社>。
といっていいのかどうか、でも経営側に自己決定権がない、EM小売政策で決まる。でもさー・・・・・本当はどうなのよと聞いても答えを期待するほうに無理がある。

終わって組合3役と飲み食いした。SSの店長だからなかなか時間が取れず、彼らとは結局、春闘交渉以来の顔合わせ。休みが取れない、業績評価がおかしい。ボランテイアの動員は来るし・・・・・いろいろ不満がある。わたしはそういうのを聞き、ガソリンスタンドでの労働の実態をつかむ。
とともに、「私は労働組合プロ」だから、毅然として言う。どうみても九州は売られる。いざ売却になったとき組合員がいる・いないで交渉できるか、できないかの違いになる。組合の出番なんだからしっかりせい!。

横浜からの帰り、途中下車し飲もうかと友人に電話をしたが、不通。池袋駅についたら電話があった。「川崎にいるんだけど、おまえどこだ」。いや、残念、もう自宅はすぐそこなので、また来週に。
あの時つながっていたら、それこそ午前様だ。

きょう土曜日、慈恵医大に診察結果を聞きに行った。6年前にドックでみつかった、すい臓ののう胞検査を半年ごとに調べているが、きょう「ガンではない大丈夫。今後は1年に1回の検査にしましょう」といわれた。

病院から帰るところで、組合OBの佐藤さんから電話があった。
浦賀造船の林さんが亡くなった、今晩通夜だという。
40年前、全造船住友浦賀は会社側の工作で分裂し、少数にされた。少数の組合ではあるが、横須賀地区労の活動や反基地の活動、アスベスト被害の労災問題などやってきた。林さんは組合の主柱みたいな人だった。

通夜にこれから行ってくる。

以上


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク