秋闘の要求を出した

今、組合は秋闘を「やっている」。以前は職場の安全や就業規則や内規の運用改善など様々なことを集めて要求してきた。戦いらしい雰囲気も合った。時代が変わり、組合員も減った。本部での要求はいわばそうした、ちまちま要求ではなく、ことしはドンと経営施策に切り込む質問とした。

METIの装備率アップには「分子のアップを」/川崎工場から羽田空港へのジェット燃料パイプラインを/エチレン・プロピレン業界の苦境対策/小売販売の「九州撤退」で社員への影響、子会社の中央石油はどうなる

これまでの会社の答えを見ると、木で鼻をくくる、味も素っ気もない答えが来るに違いない。しかし、ある意味で、質問をすることに意味があると思っている。だから別に回答でカリカリすることはない。むしろ、組合が経営側の危機感を少しは共有していると感じてくれたらいい。

TGいい決算だ
TGは1月から9月の3/4期間の決算報告と決算予想の修正をした。正確な利益は忘れたが随分いい。ケミカルはよくないが、市況安定の石油はすごくいい。

また国際会計基準の適用で、原油の在庫評価を「後入れ先出し」から総平均法に来年1月変える。また原油価格の認定を中東積み出し時から日本受け入れ時に変える。

そうすると、これまで安い原油を寝かしていたが平均価格適用になるので、「含み資産」が表に出、決算は今よりもずっと良くなる、とのこと。確か今年9月の予想で450億円の純利益?が在庫評価を変えることで1000億円になるという。

こんなに稼げるなら、装備率アップに投資を振り向けるべきだ。

取締りの1人が今朝、退任したと出た。一体なんだろうか?
スポンサーサイト

コメント

組合の意義は会社の健全発展と組合員の処遇の維持、向上です。どんどん声なき声をあげてください。応援します。

申し訳ありません。もっと力があったらいいんですが。
でも心意気だよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク