草津にて遊んだ

20日から2泊3日、草津に行ってきた。すごく安いツアーで1万1千円。倒産したホテルなどを吸収した旅行会社の企画したもの、私は知り合いに誘われての参加。2月に同じく草津に行ったときにゴンドラの下に石楠花の花芽が見えた。咲いた頃にまた行こうかと意気投合したもの。梅雨時期であったし石楠花は少ししか見えなかった。それでもイワカガミの群生(ピンク)やコケモモの早めの花もみえた。

驚いたのは、価格破壊、無駄の切り詰めのホテル運営、毎日同じバイキングだったが、バス送り迎えも効率的だ。2日間自由だからハイキングが出来てすごくいい。多くが老人会のツアーだった。でもホテル労働者はパートで時間契約、大変だろうな、と思った。

本日23日、エクソンモービルグループの販売会社である中央石油の労働組合の春闘を妥結した。最も成績の悪いE評価への扱いで+αを求めたがダメだった。その代わり、評価制度が適正になされていないこと、悪評価者への教育により力を入れることを求め、そうするとの会社の発言を引き出した。そんなもの水物といえばそうだが、組合の不満は聞いてもらった。SS業界の中で労働組合それ自体が稀有な存在。少しづつでも互いの主張を言い生き残りを見出したい。団交を終わって、委員長と近くで飲んだ。「言いたいこと、不満は一杯あるだろう、でも全部言っても無理。箇条書きに整理して言いたいことをまとめておいたほうがいいよ」と、生意気にも説得した。

月刊組合機関紙”悠YOU”が明日出る。そのことで1つ。堺の役員に編集をまかせている。専従である私は情報も集中するし原稿を書く役回りは多い。今月号では没になった原稿が1つある。堺工場の隣の大阪ガスで大きな発電装置が試運転した。大ガスは全部で4基110万kwと原発1基分を消費地で作った。それも電気会社におされ気味のガス会社がLNGを使って反転している。そういう話だ。

石油精製装置がダブついている。これからその縮小がたくさん出てくる。そういうエネルギーをめぐる電気・ガス・石油もっといえば自動車と電機の、業界を越えた生き残り競争が繰り広げられている。もうエネルギー安保で石油は守られているという時代ではない。そういうことを紙面に載せたかったが、わが編集役員にはまだ関心ごとではなかったのかな、そう思った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク