企業年金ものすごい損

昨日エクソンモービル企業年金の状況の説明が組合にあった。運用損がなんと39%の赤字、770億円で、2000億円の資産が1100億円になった。2年前が30%の運用益なので長期的にいえばプラスだが・・・・・・・・・・。経済混乱のすごさを改めて実感。外国株での運用を主にしているからこうなるがいかに危険かともいえる。会社は今年から掛け金で補充するという。体力がある会社だからできるが、できないところは年金破産も十分ありうるなと思った。

極東石油の春闘がまだ続いており、出来るだけ早くまとめたい。本日、団交で終わらせる、つまり一時金の再検討結果が出るかと思っていたら、どうも難しいようである。この会社はEMと三井の折半会社。過剰設備にあえぐ石油精製、大きな顔ができる時代ではない。そんなときに、これでと回答したものを、組合ががたがたいっているからと再回答などできない。親会社が認めない。
 労務担当者からそういう苦境の説明を受けた。大変だね、でもこちらも空振りで店じまいはできない。その折り合いを見つけるのが本日の団交。また報告しますね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク