組合新聞の配布

昼休み、食堂で毎月、組合新聞をまく。
今日は諸井君と2人でやったが、一人のときもある。川崎工場には交替勤務の荒井君と3人しか組合員がいないのでやむをえない。120枚を大体10分から15分で配る。半分以上の方が取ってくれる。

配り終えて食事するのだが、新聞を読んでいるのを散見する。気持ちのいいものだ。

組合掲示板にはカラー刷りをはり、20枚ほどおくと、月末までには大体なくなる。

EMには5組合があるが、他の組合はどうしてこう宣伝が下手なのかと思う。というか、ビラがつまらない。なぜか
・ニュース性がない、意外性がない、切り口の平板さ
・見出しも写真も文章も、読ませる努力をしていない。
・だらだらと長く交渉を書くだけ
・ビラ発行の義務感というか教宣部の自己満足の所産でしかない代物

組合離れを改善する気持ちがあればもうちょっと何とかなるのだろうに。
その点、手前味噌だがわが組合の出すものは組合ニュースになっている。割付をもっとスマートにできないかと思うが・・・・・・・・・・・少ない人数でよくやっている。


今朝も山手線は人身事故、月曜についで2回目だ。山手線が動かないので埼京線に焦って乗ったら新宿どまり。階段を上がって大崎行きに乗り換え、大崎でまた乗り換えて品川。でも、労は報われずいつもの京急の特急電車には乗れなかった。
目黒駅のホーム安全扉工事を見ていると、遅々として進んでいない。JRは、飛び込み事故を誘引する状態をずっと放置するつもりなのだろうか??
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク