福島の子供を放射能から守れ

昨日は早引きして人間ドックの胃カメラ生体結果を聴きに行った。問題なし。ただしこれで放免しないのが医療機関。ピロリ菌がいるので除染せよ、1週間、薬を飲めときた。下痢するかもしれない。8割の人は菌がとれる。その間、アルコールはダメ。

フーンと聞いていたら、女医さん「あまりまじめに考えていないようですね。胃潰瘍やガンになる可能性がありますよ」と脅し作戦。

結局除染薬を処方してもらったが、山のようだ。さてその開始日をいつにするか。7日間、一滴も飲めないのだから難しい。

その夜、日比谷野外音楽堂で「福島の子供たちを放射能から守ろう、原発も再処理もいらない」集会に参加した。この時期だから沢山いるかと思ったら、800人程度のがら空きで、拍子抜けした。

文科省が子供たちの被ばく基準を年間20ミリシーベルトと決めたが、これは大変高い数値だ。20ミリの被ばくで白血病になった原発労働者もいる。子供はたださえ放射能に弱い。汚染された校庭で泥まみれになったら、それは恐ろしいことだ。

20ミリ基準の撤回を求め、福島の母親たちが文科省に話し合いを求めたが、建物内にいれず、大臣も会わず、雨の中外で立ち話程度だった。そのときの役人の言い方は、20ミリ基準なんて決めていないと空とボケだったそうだ。

デモ途中に東電本社がある。機動隊の車が社前をカバーしていた。東京駅を過ぎて常葉橋までの長いデモを終え、久しぶりに全国一般の平賀氏と飲んだ。
「スリーマイル、チェルノブイリとその瞬間ではデモが盛り上がるけど、また線香花火のようになるのかね。暑い夏を過ぎるとやっぱり原発しかない、となるんじゃないの」と話は暗くなった。
宮城県知事が漁民は山の方に住そこから大型漁業基地に通うことを目指すとし、各地の漁協は反対し共同運営方式を求めている。漁港から離れた漁師なんて無理な話。当然、われわれは漁協の「人民公社」方式を支持するよな、と話した。

台風が来ているんだ
土曜日、読書で過ごした。台風が沖縄にあって30日ころこちらに来るようだ。ちょうど小川山登山と重なった。どうなるのやら?

黒川博行の「悪果」読了。大阪府警の暴力団担当刑事のむちゃくちゃな話だ。賭博で捕まえた中に名前を公表されたらまずい名士をアカシンブンに流す。書かれたらまずい記事を作りゆすり。せしめたかねを山分けし、遊びにつかう。飲み屋ではただ酒・・・・・・・・それはともかく、話の展開はおもしろい。

圓増治之「良寛 この日この生」は、あと少しでほっておいたのを読み終えた。子供と手まりをし、野の花にときを忘れる良寛さん。長岡で良寛さんの銅像をみたが、とぼけたのっぽの爺さんの詩集を今度は読もう。

図書館で借りた「ドストエフスキーと共産主義」を1/3ほど読んだ。カラマーゾフの兄弟を高校のときに読んだが、難解で訳がわからなった。そのコンプックスがあって借りたのだが、人間の自由を圧殺する共産主義がくることにドストエフスキーは予言したと繰り返すだけ。こいつ誰なんだと著者の略歴をみたら、世界日報の論説委員。勝共連合じゃしょうがないと止めた。

朝日ジャーナル「原発と人間」を昨日買って、ぱらぱらと読んだ。週刊朝日の緊急増刊だ。朝日ジャーナルは学生の頃読んだガ、その後停刊。なつかしく買った。原発関係の特集で、いいものだ。

悠ユウ、抗議された。
組合新聞の5月号で、中央石油の労務から2点の抗議をされた。
「影響が大きいので、変えてください」というが、もう配ってしまった。

たいした間違いではないのだが、関係者にするとカリカリするらしい。
1つはアルバイト店長の契約は、他のアルバイトと同じく1年ではなく半年・・・・不安定さがもっときついのだが。

もうひとつは春闘の回答が6月13日と書いてあるが、そんな約束をしていない。
確かにこれは間違い。私は「回答は1月後になる」と書いたのだが、編集者が5月13日の団交の1月後だからと解釈し、日にちを指定した。まさか書いてもいないことが出ているとは思っていないので、校正をすり抜けてしまった。

社内への影響力があることを自覚し!、正確を記すためいっそうの注意が必要だ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク