今日は創立記念日で休み

本日は会社の創立記念日で休み。家の掃除、なくなったビールの買出し、そして夫婦でカラオケに池袋にでていき、戻って読書をしたらもう夜だ。九州は大雨、こちらは曇天。山歩きには悪い時期である。

昭和シェルの女性差別裁判の判決の概要が分かった。単純にいうと、提訴前後の20世紀末は違法行為であった。その後は改善されたが過去の問題はすぐにはなくならないので慰謝料や弁護士費用を払え、差別による差額賠償は比較する男がいないので却下。会社側の減額ねらいの時効5年は認められた。原告10数人で5000万円近くの命令だ。組合女性の訴えは勝ったのだろうがすっきりしないので、即時控訴した。野崎さん(定年退職女性)の提訴以来、会社は女性の昇格を意識的に進めてきた。そういうことも判決には影響があったのだろう。

一般的な言い方だが、20年前でも石油の民族系では寿退職が当然のようにされていたという。その点、外資系では男女格差はほとんどなし。ただし現状EMの中での問題は高卒や短大、大卒の事務職はずっと採用されていない。女性の多くが事務職採用だから実質採用されない。必要ならば派遣で充当という人事政策が取られている。差別が見えにくくなっている。

赤色ダイオードで特許をとったが、そのほとんどの利益が会社に取られた裁判があり、企業にとっては難しい宿題となったことはご存知だろう。当社でも最近その手のことを心配して、知的財産は会社に専有権がある、と個人に署名を求める動きになった。リチウム電池の隔膜樹脂を東燃化学那須がやっているが、この事業は成長産業で特許にからむことが多い。よってその関係者については、関係するノウハウは会社のものであり転用しないこと、また業務として関わった特許関係はすべて企業のものである、そういう署名を求めるというのだ。特許になれば10万円、その結果の実益があれば別途金が出るという条件も付記している。

署名を求められるのもいやだが、成果があったらよこせという鼻持ちならない労働者もいる中ではやむをえないんだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク