明日はいいこともあるさ

まずは仕事のことから書こう。
この2週間、私は工場の空調機全ての調査に携わっている。ナニ私は調査員を連れて行くだけなんだけど、さ。今日は本館の工場長室に調査員を連れて行くことになっていた。3時15分から30分と限定。他の設備の点検との順序を考えた。そして昼休み。工場長室には私が行かなくてもいいことになった。

鈍感な私だが、アー外されたんだと思った。
工場長がワダはやめろなどというわけがない。時に立ち話もするし、避けられるいわれはない。要するにワダ=組合が室内をうろちょろしないほうがいいと、誰かが判断したんでしょう。勝手にどうぞ。

再雇用でも職場に残り、組合を生き伸ばそう。がまん我慢だ。


多数組合EMGUの機関紙には、ことしも新入社員が全員加入したと写真が載っている。一人も入らないやっかみもあるが、誠にうらやましい。恨み節でもうひとつ。新入社員は組合に全員加入することで安全の踏み絵を踏んだ、だけのこと。
年功序列、終身雇用、企業内組合の3種の神器が残っているEM・TGはいい会社だ。

野沢尚「呼人(YOHITO)」を読んだ。
12歳で成長が止まった男の子が主人公。友人たちは年をとり、バカなことをし、苦労し、人生経験をつんでいく。それを見ている。成長が止まっただけでなく、子供のまま、いつまでも生きることの「恐怖」。実は、ホルモン操作の結果そうなったのだが・・・・・・・・・・・著者はこの本を書いてまもなく、2,3年前に自殺した。生きることとは何だと考えて、面倒になったのかもしれない。

明日は福島へ
磐梯山に登り、猪苗代湖周辺で泊まり、日曜日の福島市での反原発の集会に参加する。天気が少なくとも明日の山登りは悪くならないように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク