熱中症なんて最近のこと

毎日、熱中症で何千人運び込まれ、何人かが死んだと報じられる。
TG川崎工場では毎朝と昼に熱中症予防の構内放送がはいる。ただ今の温度**、湿度**、熱中症危険の2とか3にあるので、1時間に10分の休憩と飲み水を頻繁に取るように、と注意喚起をしている。

7月初めには現場従業員と業者全てに1時間の熱中症対策の講習もやった。そうやっても、すでに何人かは軽い患者が出ている。今年も暑い。

今は水を飲めというが、私の若い頃、例えば山登りでは「水を飲むな疲れるから」といわれた。随分と非科学的だった。
小学校や中学校の朝礼で、いつになったらお話が終わるのかと思っていると、気持ちが悪くなったと何人かが青い顔をして後ろに下がっていった。あれは今でいう熱中症なんだろうが、当時は貧血といっていた。

確かに日本列島は亜熱帯のようだ。
私は毎日、魔法瓶にスギナ茶をいれて持っていく。現場に行くときはヘルメットの中にタオルをいれ、首の後ろに少したらしておく。そして魔法瓶を持っていく。再雇用など無理しなくてもいいのに、と後ろ指を刺されないよう熱中症には注意しているところであります。

夕刊ゲンダイを買った。見出しが「小沢総理、現実味」。
やっぱり小沢をと思うやつがいるんだ。記事自体はたいした根拠があるわけではないが、要するに菅の次の民主党代表選が酷すぎる、ということ。今言われる人たちでは話にならない。とりわけ松下政経塾グループが偉そうぶっていることへの憤懣。
小沢待望にもなろうというものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク