「変身」したエクソンモービル

エクソンモービルがバイオ燃料事業に参加すると社内報であった。今朝の日経にもあった。光合成を使って藻からエタノールを作るということだ。原理としては光合成が一番太陽エネルギーの吸収効率がいいはずなんだが、事業化には難しいらしい。その社内報を見て改めて驚くのは、そう5年くらい前には確かスタンフォード大学とかと提携し、CO2が地球温暖化をもたらすわけではないという「科学的」主張を展開していた。ときはブッシュ大統領によるイラク戦争開戦のころであった。

それと比べるとまさに隔世の感がする。二酸化炭素が温暖化をもたらさないなんて、そんなこといってたっけという姿勢だ。EMは世界中でエネルギー効率を改善してきた、そして今度はバイオ藻である、ということ。

私はそれだけでも今回のバイオ藻に期待する。友人にそういうと、大体懐疑派とおちょくり意見だった。「今のご時勢、何か努力している姿勢を見せないといけないからね!」。社外の環境派の友人は、エネルギー消費過剰それ自体の見直しが必要、それなしの別のエネルギー探しはどうかね、別の環境破壊をしなければいいのだが、との反応であった。

でもちょっぴり期待しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク