図書館でいじわるされた

そりゃー2日返却遅れの私が悪いんだけどさ。
休日の10日、近くの図書館に本を返した。10冊のうち3冊を続けて借りたいんだけどと告げたら、返却遅れなので予約を確認するのでそのままは貸せないという。しょうがないかと思いつつ、借りる本を探しながら、もしかしたら返却本が元の書庫に並ぶのを待った。何と欲しかった3冊だけは並ばない。

諦めてまたも10冊を借りる時、若い女性館員に、なぜあの3冊だけは他のと同じく書庫に並ばないのかと聞いた。「予約を確認するからだ」とわけの分からない説明。予約確認は、他の7冊だって同じでしょう。私が続けて借りたいといったから、書庫に並べないのじゃないの。要するに「私が続けて借りたい」といわなければ良かったのね、と私。

丁寧にしゃべっていた彼女だが、カウンターを去ってふと後ろを振り向いたら、憎憎しげに私をにらんでいた。たぶんアルバイトなんだろう。サービス精神は必要だよ。
姫りんごに花が咲いた。
時ならぬ姫りんごの花が咲いた。小さなりんごが10個。

海員組合の元委員長、土井1清氏の偲ぶ会の案内が来た。
もう半年前になくなっていたそうな。80歳はとうに過ぎた、元気なおじいさんだった。70年頃の海員組合の長期ストを指導した。その後、国際化の中で船員労働運動はほぼ解体されていった。

20年ほど前、三田にあった船舶部員協会の事務所で土井さんと会った。
自衛艦なだしおと衝突した遊魚船の船長を支援していた私に、ありがとうと感謝された。本当は船員がやらなくてはいけないんだが、陸の労働者に応援してもらって・・・・・・
焼酎が強かった。現場上がりで、たぶん左派なんだろうが、立ち居振る舞いは当局と馴れ合いをせざるを得なかった。筋を通す人たちからは胡散臭く見られていたようだ。二枚舌三枚舌、面白いおっちゃんだった。

戦後労働運動を同盟の中で担った。己のやったことを語っておくべき人だった。11月3日に横浜で偲ぶ会には出席すると返事を出した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク