合同会社にするんだと・・・・

今朝、TCC(東燃化学)の従業員説明会があり、TG再雇用である私も特別参加した。300人くらいの会場に立ち見が出るほど。良からぬ説明だとは分かっているので、大勢がつめかけた。

説明は次の通り。
TG100%子会社であるTCC株式会社を12月5日にTCC合同会社にする。その目的は株式会社法による規制がなくなり、効率よく迅速に会社の運営が出来る、から。変更によるデメリットはない。皆さんはこれまでどおりの条件で働くのだから何も気にすることはない。動揺せず、安全操業に心がけて欲しい。

更に現在、TG子会社の組織再編を検討中である、とこれが最終点でないことも説明があった。

従業員からの質問は、何でそんなことするの、というもの。
例えばこんな具合
+迅速に決定できるというがこれまで何か弊害があったのか
+投資が必要な場合迅速に出来るというが、何か具体的な計画があるのか
+家族親族にどう説明したらいいか
+業務上、官庁にはどう説明したらいいか
+今は労働条件同じというが、過去にあった那須事業所売却のようなことにならないか
+ローンの会社名を金融機関に変更しなくてはいけないのか
など。

会社の答えは、全然積極的なものではなかった。「わかった、さーこれでやろう」というような終わり方ではなかった。TG役員会が決めたんだから従うしかしょうがない。これがその場の雰囲気であった。

EMの売却路線が明らかに
合同会社では、役員会をどうするか、利益配分をどうするか、全て定款で決めればいい。要するになんでもありという会社。M&Aも簡単だし、もっというとアメリカの税法で株式会社よりも利益のすりぬけが出来るらしい。

この時期、あえて従業員が納得出来ない合同会社化をしてきたのは、それは一つしかない。EMの日本撤退・売却であろう。

懸念されるのは、現場が動揺し事故トラブルが起きることである。そうならないことを願う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク