本日は大雨、船戸与一の満州演義の第3巻を読んで過ごした。
世界不況で日本は満州に活路を目指す。関東軍が戦争を仕掛け、占領の既成事実を進めていく。天皇が批判的なら秩父宮にかえてしまえばいい、軍人たちは増冗漫になっていく。
当初、国際法を重んじ苦々しくその成り行きを見ていた奉天の外交官すらも、状況が進むにつれ流れに従っていく。片隅に、自分は変わったのかと思いつつ、侵略に期待をかけていく。
5・15事件で犬養首相が殺された。国民世論は事件に喝采をし、青年将校たちの除名嘆願が70万人も寄せられた。

軍人だけが勝手に侵略しただけでなく、草の根の民衆が強盗団になっていった。小説を通し、その変容していく様は勉強になる。

へーと思ったこと、2つ。満州の民衆にとって侵略は災難以外にない。まずは祖国を占領された朝鮮人が流れてきたのだが、地元民に忌み嫌われ、事あるごとに殺された。/中国共産党はその当時から党内闘争がすごくて、アンチボルシェビキ(AB団)摘発と称して、内部テロがひどかった。



明日10時に成田空港、飛行時間3時間でインチョンへ。ソウルの山登りに3泊4日、23日に帰ります。
スポンサーサイト

コメント

野田政権が来年3月に消費税増税を閣議提出と日経新聞に記事ありました。
いつかは避けられないと思いますが、この世界的不況で日本も震災影響で苦しんでいる中での安易な増税は売国としか思えないです。
我々石油業界としては、二重課税の強化になるので、もう少し業界として声を上げる必要ありますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク