琉球新報以外はどうしたの?

今朝の琉球新報は沖縄防衛局の田中聡局長がしゃべったことを掲載した。
局長は、沖縄の普天間基地代替施設建設のアセスメントの提出について、ものすごいたとえで答えた。年内提出実施の明言を避けたのはなぜかと質され、「これから犯しますよといいますか」だと。

犯すのは防衛庁、犯されるのは沖縄であり、犯す・犯されるというのは一般的には男が女を無理やりやることだ。何ともいやらしく、差別する側の率直な物言いだ。アメリカの手先になって、いい気なものだ。

今夜の報道では、政府は不味すぎると判断し更迭した。当然である。

と共に、その記者会見には琉球新報など10社が参加していたのに、同社以外この発言を報じなかった。鉢谷の放射能をなすりつけるとの、子供じみた発言にかみついた、共同通信やフジテレビ系(そもそもそのばにはいなかったらしいが)などは、なぜこの発言には黙っていたのか。
すっぱ抜きしか興味がないマスコミサラリーマン記者。たぶん局長の発言の何が問題なのかすら、分からなかったんではないか。

琉球新報の記者はえらい。
スポンサーサイト

コメント

国会を見ていると、民主党とりわけ野田内閣が増税しか頭にないのが残念です。台風被害の甚大だった和歌山、奈良や東北の多くの方々が政治の体たらくにより復旧すらままならない中で公務員や官僚が陰で既得権を増やそうと画策しているのが見え見えで。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク