組合ってなんだろうと思う瞬間

本日、組合は、あのEM事業縮小・TGの自己株買いの報道について、見解を出した。

組合が最も心配なのは、そわそわして浮き足立ち、製油所で事故が起きてしまうことだ。憶測記事でしかないと会社は言うだけで、いわば正確なことを流さない。でもたぶんかなりが事実なんだろう。多くの従業員がそう思っている。借金を抱えて今後厳しいことになる。株価は急落だし、不安だ。

今製油所で事故が起きたらそれこそ閉める口実にされる。職場を守るには安全な操業だ。動揺はするけどさ、じたばたするな。そういうビラを張り出した。
経営側に言いたいことは、10月の秋闘で述べたTGの強さ(EM傘下によるうまみ、効率運転、無借金経営)と一方でのEM日本支社にされ独立企業の体をなさない脆弱性を正確に判断し、進路を決めて欲しい、ということだ。


退職者からは、企業年金大丈夫だろうなとのメールがいくつかくる。「今のは良すぎるから、危ないんじゃないの」と答えることにしている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク