イラン制裁、身勝手だなー

欧米が一致してイランに制裁を課した。イラン原油を買わない、核開発を止める為だ。私も核拡散に反対である。だから核を持っているアメリカ、ロシアなどが核廃棄に向かうことを望む。ところがそれはアーダコーダいいながら先延ばしし、そもそも廃棄なんてするつもりがない。そういうやからが”貧者の武器”=核爆弾を持つことをとやかく言えるのか。

ましてやインド、パキスタンが持ち、イスラエルは3百ほどの核を持っているといわれる。そういう中でどうしてイランに核開発を強制できるのか。国には一流と二流がある、二流に核を持つことは許されない。今の事態はそういうことだ。差別じゃないか。イランが核をもち、北朝鮮が核を持つ。本当に困ったことだが、とめられない。

結局のところ米ロをはじめとした核保有国が核を廃棄し、地球を壊すような馬鹿なことは止めようといわない限りイランそして第2のイランは続く。

被爆国、日本は禁輸に同調せず、世界の核廃絶に向け声を大きく出すべきだ。マスコミは、核保有国独占を前提にしたIAEA体制への批判を何もしない。アメリカに追従していれば良い訳ではない。

ホルムズ海峡で火を吹くかもしれない。窮鼠猫をかむ事態を恐れる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク