経産省前テント防衛に行った

昼間、労働運動の知り合いに電話をした。
久しぶりに飲もうか。
いや今日は都合悪い、また電話するよ。ところでさ、経産省前の反原発座り込みテントが今日やばいらしいよ。
そうか、行って見るか、と返事をした。

今月は残業をやったので貯金がある、早帰りしても大丈夫。仕事もないしと、3時45分発の会社のバスに乗った。新橋駅で降りて西新橋を通って経産省前へ。途中、新日石本社ビルは立替中。あの金色の王子像はどこに行ったのかな。

国会議事堂側の角地にテント2張り、反原発運動団体がもう2月ほど居座っている。「法治国家」のこの国の霞ヶ関で、そんなにも長くテントを張ってきたものだと感心した。「原発村」の政治家にとっても、原発事故を起こした責任が少しはあって、撤去しずらいのだろう。でも、もう我慢できなくなって枝野大臣は24日テントの退去・撤去を言明した。
前内閣時代、「今すぐに健康被害があるとはいえない」といったあの枝野だ。社会正義のために弁護士になったのだろうが、それよりも政治屋のほうが面白かったんだろう。でもこういうのっておかしいか。橋下も弁護士だし、要するに頭の良い悪賢いやつが弁護士にもなるということだ。

テント周辺には700人が集まっており、警察による強制撤去はなかった。6時過ぎに解散したので帰った。寒かった!
<雑感>

全労協の組合活動家はJALの解雇裁判支援のビラ情宣で錦糸町駅に行くと、途中で抜けた。私は復職してからとんと外部活動をさぼっているがみんなやっているんだなと拍手。

国労闘争団の佐久間さんと中野さんが、この集会で発言していた。
国鉄解雇は争議決着したというが一人も復職できなかった。こんな決着は認めない。明日から国会前で座り込みをやる/抗議のマラソンをやる、といっていた。・・・・・・・・労働運動は市民運動と違って、団結してやるもの。あるところで手を打つものだからなー、全面勝利といえない決着だと不満な人も出るのだろう、難しいものだ。

浪江町で300頭の牛を飼っていた吉沢さんの怒りの発言には泣けた。被害者が声をあげる爆発力はすごい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク