プラス思考で行きましょうよ

朝刊各紙に、昼のNHKでもエクソンの事業縮小報道があった。川崎工場では朝、従業員を集めて説明会があった。各工場でもあったし、本社では部門ごとにあった。
私は9時15分直前に会場の講堂に行ったら、廊下にも人だかり。かき分けてとりあえず場内に入って聞いた。
エクソンの日本事業見直し、その結果、TGがEMYKを買うことになった。
これまでのEMによる重石がなくなり、TGが独自に経営判断し、投資もできる。労働条件はかわらない。・・・・なかなかTCC工場長の説明はうまい。EM撤退による不安よりも独立自主の気概をと呼びかける。いくつかの質問も、経営変化による期待をこめたものであった。

夕方、私は組合の立場で本社に行き、労務からの説明を受けた。29日に会社発表があり、細部を聞き出してもそれで何になるのか。どうしても達観した感じがしてならない。短時間の質疑で終えた。

私の考え、これしかないでしょう。
EMによる日本撤退というと、何か置いてきぼりをされた恨み節の感じがする。この大変化に対し、・・・・・・なるようになった。来るべき物が来たと淡白だ。
「日本支社」になったこの会社の再編の大変さを心配しても仕方がない、今となっては円滑な再建を願うのみ。
そして独自で経営判断できることを前向きに期待する。羽田へのジェット燃料パイプラインや東亜石油とのジョイント強化など、川崎工場にはチャンスが出てきそうだ。

ということで、夢を見るようにしたい。悪夢を想像するよりも。
スポンサーサイト

コメント

TDKも閉鎖。東燃も心配

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク