EMの重しがなくなるということは?

私の職場、TG川崎工場の事務部は面白いところだ。突然に、怒鳴り声が聞こえる。
俺は忙しいんだ。がなり声。私を含め、その話に関係ない者は介入せず、聞き耳を立てている。上司が全然管理できないんだな、と静観している。

そう、私の知識から言えば戦前戦中の陸軍において、あの恐ろしい軍国管理においてすら、大体部隊に1人2人の無頼漢がいた、という。それと似ている。

私のように旧ゼネラル石油の者には、旧東燃の文化を理解できないところがある。エクソンモービルの経済原理主義がさよならする、それはいいんだが、代わりに魑魅魍魎の旧東燃の政治主義が跋扈するのもやめて欲しい。藤沢周平が書く江戸時代の世界は小説だけにしてほしい。


「EM撤退・TG自己株買い」の発表、その直前に何か変だなという感じはあった。
EMGUの委員長をやって職場復帰した人が1年したらSSV(直課長)を越してSSI(直部長?)に飛び級するのを見た。もちろん組合専従やった人間が優秀であれば、休職して組合専従やろうとその経験を評価すべきある。そうでないと組合専従などやる者がいなくなる。でもサー、組合専従だった彼が飛びぬけて優秀だったとはとても思えない。
交替勤務の所定時間を延長し、次に日勤者をやるのは労使の「約束事だった」。会社から時間延長の提案にOUは応じたが、彼の采配かどうかEMGUは応じず、そのため会社は提案を取り下げた。そういう「功績」が飛び級につながったか?

EM世界になる前の旧東燃の組合役員はヤミ専従であったという。今度の経営変化が古い企業体質にならないように期待したい。そうじゃないと、強欲なアメリカEMに「やっぱり日本人はだめなのね」とばかにされる。
私も見たくない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク