組合の大会を終えた

18日、OU組合の年1回の大会を堺工場の会議室で開いた。会社の経営主体がEMからTGに変わり、いろいろ困難が予想される。
OUの組合員は現在25人、うち再雇用が10人だから現役は15しかいない。そのほとんどが堺のオペレーターだ。数は少なくてもちゃんとやる気があればいいのだが・・・・・・・。

大会は昨年から全員大会にした。規約では5人に1人の代議員制だが、とても出席者が少なくなるのでいわば「運用」として代議制は凍結し、全員参加にした。しかし、委任状ばかりで出席者は少なく、これが大会なの!と泣けてくる。
会社が激変し、やがて職場に影響する。どうするのか、そういう議論をしたかったのだがそうならなかった。議案書をもとに議論があり、採決、賛成。はい終わり。

私の再雇用があと4年。それまでは突っ走る。その先どうなるか、自分の責任範囲でやるだけ。改めてその覚悟を決めた。
醍醐寺境内
大会後、大阪で泊まり、翌日は山科へ。大学時代の友人と落ち合い、醍醐寺へ。しだれ桜の名所とは聞いていたが、雪が白く、花を咲かせたようになっていた。寒かった。
広い庭園、五重塔もきれい。春にはまたきたいところだ。
醍醐寺の庭園

山科から京都市内の鯖寿司に14時行き、大会に参加してくれた極東石油と南西の組合の方々と懇親をした。宇田君たちが彼らを金閣寺に観光案内してきた。
南西ではペトロブラスが売却に向けて動いており、従業員が動揺している。それを抑えられるのは組合しかないね、と私や宇田がいう。
KPIではEM所有株の50%がTGに移る。それでどう変わるのか、組合員が不安がっている。どういう因果関係か、事故も起きているようだ。
29日にはKPIの春闘大会に挨拶に行く。

3月11日の郡山での原発事故抗議の集会や5・15沖縄平和行進でまた会いましょうね、と話した。
昼間の酒はきいた。新幹線に乗ったらすぐ眠ってしまい、小田原のあたりで目を覚ました。
スポンサーサイト

コメント

GHQが確認したザビエルの手紙

明治10年頃から本百姓に群がって苗床を荒し種籾を食あさり

盗掘や家賃の不払を行って来た族が行った西郷隆盛の家紋を捏造した

部落総覧に勝手に住所.電話番号を記載し公共図書館に撒散らしました

真相を明かにする100条委員会を設置する活動をしませんか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク