娘をよろしく、父の伸夫です

暖かな日曜日、桜の花が青空にはえた。図書館に返却のついでに読み終えた本を寄贈したら、喜んでくれた。あの船戸与一の単行本5,6冊が500円しかなかった反省。今後読み終えた本は図書館寄贈がいい。

娘の結婚相手の両親と昼間、初顔合わせをした。
銀座プランタンの裏の料亭で
「和田です。父親の伸夫です」とあいさつをし、食事をした。
事前にあまりお酒を飲んじゃダメよといわれていたので抑えつつ、でも手持ち無沙汰で「お代わり」をした。相手側がほとんど飲まないので、ちょっとまずかったかな!

3時にそのご挨拶が終わり、わが夫婦は池袋でカラオケ2時間をし、お互い「すごくうまいね」とほめあって楽しく過ごした。カラオケ店の外の公園は日台交流会?の東北支援バザーが終わるところ、南三陸町の生わかめや福島の地鶏卵などを買った。台湾からの義捐金が外国からでは最も多かったそうだ。ありがとうと感謝。

夜桜を見て家路についた。いい休日でした。
スポンサーサイト

コメント

関西電力管内の大飯原発が再稼働ありきで進んでいますが、福島の検証はおろか、いまだに福島原発対応が終息していないのに、再稼働とは、つくづく政府や財界には呆れます。 
和田さんも大変でしょうか、是非とも頑張ってください

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク