すっきり小沢無罪の判決をしないのか

東京新聞と読売新聞の小沢判決をじっくり読んだ。読むうちに判決を出した裁判官に怒りを覚えた。
読売新聞などは、そもそも小沢=有罪の宣伝をしてきた。だから紙面の判決要約も、小沢グレー判決の色合いを抜粋。小沢つぶしが失敗した悔しさがにじんでいる。
その上で社説やら政治部長コメントは、「この国難において政争の時期ではない」と、小沢に訳知り顔に水に流そうと諭す。

東京新聞にも不満はあるが、指摘すべきことは書いている。東京地検特捜部の問題、検察審査会のいい加減さを批判し、1面の「筆洗」というコラムに「・・・特捜検察をおごり高ぶらせた責任を省みなければならない」とマスコミ人としての自省も書いている。おまけに「本音のコラム」には佐藤優が、石川途知裕衆議院議員に検察取調べに隠しマイクを指南したと書いてある。

ところで、小沢事件って、一体なになの?
ゼネコンからの政治献金疑惑事件が、いつの間にか4億円の土地売買の報告遅れにすりかわった。全くくだらない事件。小沢を壊すための、検察とマスコミ連合が作った謀略だったと思う。

東京新聞朝刊の判決抜粋で、検察審査会に触れたところ、・・・・・こんな作文を裁判官が書くのかねー!
「任意性に疑いのある供述調書や事実に反する内容の捜査報告書を作成し、検察審査会に送付したとしても、検察審査会における審査手続きに違法があるとはいえない。事実に反する内容の捜査報告書が意図的に作成された場合であっても同じだ。仮に事実に反する捜査報告書のために検察審査員の判断に誤りが生じ、起訴議決にいたったとしても、そのことから検察審査会の起訴議決が無効とするのは法的根拠に欠ける。・・・・・」

随分といい加減なことをいってくれるものだ。たまたま隠しテープがあったからいいけど、もしなかったら検察審査会の強制起訴議決で小沢は敗訴間違いなかった。起訴自体いい加減なら、裁判中止がしかるべきだ。

裁判官は、小沢をクロと決めつけた判決文を書いている。どうしてこれで「無罪なの」、読売新聞と同じ主張。法に基づいて判断すべきなのに、推理小説的に推論断定するのはおかしい。どうも小沢関連裁判の判決は皆同じだ。

検察審査会の選ばれた方々は市民感覚で「起訴すべき」としたわけだが、本当に彼らが真空状態で判断したのか?
小沢はゼネコンから金をもらっていたに違いない、東北の土建工事では小沢のOKをもらわないとできない、そういうマスコミの垂れ流しキャンペーンがずっと続いた。審査員も当然マスコミに「汚染」されている。

私は検察審査会制度を否定するつもりはない。しかし、事このような政治的な事柄に対し、難しいと思う。小沢たたきをねらった既得権益=検察・マスコミが総ぐるみでやった謀略に検察審査会はいいように利用された。

もし、小沢が民主党代表で2011年3月11日を迎えていたら、もっと早い被災地救済策をやれただろうし、原発被害を知らせない官僚の対応に対処できただろう。民主党の豹変、政治不信もこれほどにはなかったに違いない。
それが残念である。

明日から9連休だ。遊び、飲み、本を読む。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク