ひどい会社はむかしからあるけども

18日夜、「ブラック企業に立ち向かう仲間たちの集会」が東京であり、参加した。
19日は孫たちが我が家に来た。
20日は陣馬山からしょうとう山にハイキング。
P1030573.jpg
陣馬山の頂上下で、ここはレンゲつつじがきれいに咲くところ。まだつぼみだった。

労働組合がんばれ、そうなんだけども
ブラック企業の集会の紹介をする。
労働組合を悪者として非難する大阪市長が市民から喝采を浴びる今日。労働者の権利が紙くずのようになっているのに労働組合の力が発揮されない。東京電力が社会、地域に迷惑をかけているのに、そこの組合は弁解すらしない。ナンダヨー組合って。

私は全国一般なんぶからの集会呼びかけがあり、文京区民センターに遅れて出席した。120人くらい。
ひどい話ばかりだ。
・阪急トラベルの旅行添乗員がみなし労働問題で「週刊金曜日」の取材を受けたら、添乗業務から外された。
・牛丼すき家ではアルバイター残業代未払いで訴えを認め解決したのだが・・・・・腹いせで、店のご飯を無断で食べたと刑事告訴された。結果は不起訴になったが、今もって組合とは団交を拒否し、中労委を相手に裁判中。
・英会話のベルリッツでは春闘ストへの損賠裁判。1億1千万円を労働組合に支払え。1審は却下、でも懲りずに高裁に控訴している。
・大阪教育合同労組。ハシズムの嵐が大阪を覆っている。市役所も学校の先生もみんな口を開かなくなっている。誰がスパイか分からない、そういう職場でいいのか。この少数組合は非常勤組合員のストでファシズムと戦っている。
・宮古島の宮古毎日労組はワンマン経営打破で組合を作ったのだが、少数組合にされたとたんにいじめが激しくなり、県労委が不当労働行為命令を出そうが変わらず、組合攻撃。組合は島の住民と一緒になって戦っている。

こういうブラック企業や行政との戦いの報告があって、そのあとに東京都労働委員会の労働者側委員を16年もやってきた人の話があった。その趣旨は

最近、労働法を知らないブラック企業がのさばっている。それを助長させる警察・司法の動きもある。労働組合なんてちょろい、ということだろう。でもしかし、労働組合があるからこそ、ブラック企業の問題も出ている。やっぱり労働組合なんだよ・・・・・・・そういう感じ。私も労働組合作りこそと言うほうだが、現在ほど組合の社会的信頼がないことはない。

集会で配られた、労働情報紙836号の佐高信の「自評」はナルホド。
・・・・私の好きな人斬りルポライターの竹中労は、人間の弱さを見据えつつ、こう喝破した。「人は無力だから群れるのではない。あべこべに、群れるから無力なのだ」。団結とやらを叫ぶ場合も、竹中の子の指摘を根底に置くことが必要だろう。

「ぼくらの仲間」事件、そんなのもあったね
ブラック企業許すなの集会後、全国一般なんぶの連中と飲んだ。
沖縄平和行進で彼らは、私などと違ってひたすらまじめに歩いたようだ。南部コースの山を越すルートではおばあちゃんが拍手してくれたそうだ。私は伊江島に平和教育をしてきたので、行進自体は1日しか参加できなかったけども・・・・

「やっぱり労働組合」そういわれてもどうなんだ!今更そういわれても白けちゃうな

そんな話から、20年前の「ぼくらの仲間」事件に話が飛んだ。
20年前、新橋にゼネ石の組合事務所があったころ、私が組合専従をし、東京南部の労働運動を発展させようと張り切っていた。そのときのこと。
春闘でストをやろうと、数年、JC回答にあわせて左派系の組合でストをやった。その集会ビラに私が作ったのだが、「ぼくらの仲間」と各組合の短信紹介をした。そしたら、全国一般の女性組合員のある分会が「これは男たちの集会、女性を排除するもの」と集会から抜けてしまった。
その後、彼女たちとの話し合いがあったのだが、懐かしくも腹立たしい出来事だ。それが飲みながら出た。

和田が突っ張るからいけない。糾弾されたらごめんなさいと謝ればいいのに・・・・・・
私が言ったこと。
謝ったさ。ただし、批判するならば女性もストライキ準備の打ち合わせにも加わるべきだ。自分はお客さんで、出てきた者が気に食わないということはないだろう、そういったはず。

懐かしいが、相変わらず今日的な問題だ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ひどい会社はむかしからあるけども】

18日夜、「ブラック企業に立ち向かう仲間たちの集会」が東京であり、参加した。19日は孫たちが我が家に来た。20日は陣馬山からしょうとう山にハイキング。陣馬山の頂上下で、ここはレ...
リンク