仕事の引渡し

今日から私の仕事は変わったというか、変わろうとしている。これまでの空調機の補修維持から事務サービスになる。今日は手始めにハローワークに行き、退職者の離職票を提出するのに付き合った。今月で退職する若い女性の指示に従い、彼女の指示に従った。来月からはひとりでやる。

専従をやめてから2年半、お世話になりっぱなしの「空調の師匠」。彼も今月でこの工場との契約が終わる。朝、お世話になりましたと改めてお礼をした。「まだ終わったわけじゃないのに、やめてくださいよ」といわれた。一応の区切り。楽しい夏の夢だったか・・・・・・・・・。

彼が専門業者として外部から入ることで、3年間、空調は改善された。現場からは感謝され歓迎されている。だから今度の改変=施設・空調などを総務部から保全部に移すことには、賛成賛同の声を聞かない。しかしかといって、それは困るという反対の声もない。つまり、面従腹背というべきか、いやいや間違った、腹背面従だ。業務が増える保全の方からも反応は聞こえない。
この半月、このブログで私の考えを述べてきた。もう繰言はいわない。

今月すでに施設管理は保全部に移ったはずだが、まだそのようになっていない。彼の契約満了の月末までこのままいくとは思わないが、まだ仕事の移管がなされていない。もうここまでくると、お手並み拝見である。
これから秋、とりあえずは夏の猛暑を乗り切った。空調のことは暑くなって考え直せばいいというならそれでいい。

私はハローワークへの書類提出業務を今日やって、明日から順次、請負業者の仕事を引き継ぐOJTだ。
複雑な思いはあるが淡々とやっていく。
スポンサーサイト

コメント

新しい仕事を覚えていくのは困難なことにも出くわすかもしれませんが、「頑張って下さい」としか掛ける言葉が見つかりません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク