組合新聞、明日まくの

夕方、諸井君と2人で明日まく組合新聞を印刷した。
川崎工場内のOU組合員はあと1人、荒井君がいる。この3人はいずれも61歳の再雇用者、何とも寂寥感漂うわけだが、いかんせんしかたがない。新聞配布は、われわれ3銃士のやれる最後の仕事である。何せ140枚が昼の食堂前で15分くらいでまき終わる、月1回の大切な行事である。会社の情報がこれを見ればたしかに1つや2つはわかる、あってなきがごとし凡凡組合の機関紙とは違う。

印刷をしながらの話
諸井からまずはほめられた。
孫2人、もうじき下の娘の結婚式か。羨ましい、俺のところは3人が3人とも全くその手の話がない。
そうかと私は、結婚式のときの父親がどう歩くかを見せた。・・・・・・右、左/左、右・・・落ち着いてやらないといけないんだと注釈し、かつ笑いながら

LPG職場の諸井の話。<荒井も諸井と同じ職場>
そういやー、つい最近、荒井がLPG受入れのA-1桟橋で小配管の漏れを見つけた。工事担当でその近くに行って、たまたま?臭ったのを見つけた。もし発見されず数日後のLPG受入れをしたらそこからリークして大事だった。官庁にすぐに通報したが、使用許可まで2週間3週間はかかるらしい。受入れの影響が大きいけど、荒井の功労賞だ。

へー、それは良かった。荒井はスマートボールで動体視力がいいと自慢していたが、奴は鼻もいいんだ、と私。

私は、今やっている庶務業務の引継ぎで大忙し、頭も身体も混乱している話をした。
LPG職場では、事務サービスの4人が解雇されるなんて何も聞こえてこないよ、と諸井。
そうなんだろうな。

泣き言になるから、あまり彼女彼らのことを言わなかった。
みんなすごい、偉い。いきなり契約解除をされ腹が立っているんだろうが、それこそ一所懸命に仕事の引継ぎをしてくれている。契約解除にしても、もう少し常識的な余裕ってものが必要だ。有給休暇がたまっているのに、今週末で「終わり」。引継ぎは待ったなし。原籍の会社は、残る有休の買取すらなし。日本人って、本当に律儀だ。

今度の南相馬へのボランテイアへの足をどうしようか/OB組合員のOさんが脳梗塞で倒れたらしいけど・・・
和田・諸井2人のロートル組合員の、大切な月1回の情報交換である。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク