結婚式

北海道に早朝、息子が戻っていった。妹の結婚式に深夜最終便できて、2泊したとはいえあわただしい帰還だ。ホテルのコックさんだが、西洋料理担当が一人しか居ないので休めない。今日も戻ったらそのまま仕事だという。右手は火傷のあと、立ち仕事なので疲れると、わが家で遊んでいたマッサージ器を持っていった。

「おい、いい女の子ができたかい」と聞いても生返事。まだこちらの結婚式は先のようだ。
雨が降り薄寒い日曜日。これから国家試験にいく。

結婚式、いいものだ
6日の娘の結婚式は盛大だった。長女が式を挙げなかったので、初めてバージンロードを歩いた、娘の手をとって。
予行練習をやってわかったつもりになってはいたが、「右手で握手して、左手を娘の上からまわして、左腕を胸につける」なんて本ちゃんでは忘れ、とにかく腕をとって歩き、新郎に娘を渡した。
結婚式

披露宴ではお酒を控えめにと、上さんにいわれていたが、出るものは拒まず。他の出席者と同じく楽しく過ごした。

終わりに、新郎が参加していただいた皆さんにお礼の辞をいう場面。私たち親も並んだ。
・・・・二人とも働らき続けるので大変だと思うけど励ましあう、って言ってた。
いいじゃないか、「それは当然である」と小さな声で相槌を打った。そしたら私の声が聞こえたらしく、隣の娘から「パパー」と抑えられ、会場からは笑いの声があった。

後で顰蹙を買うほどではなかったので良かった。

昼間のワインがきいて、帰ったら孫達以外はグタッツ。若い二人はエンドレスの2次会でさぞや大変だっただろう。
スポンサーサイト

コメント

娘さんのご結婚、おめでとうございます。
あとはお兄さんですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク