秋闘の素案できた

午後、本社の労務が、川崎の私の職場に来た。久しぶりの顔合わせだ。定年退職者がこれから1年で70人、川崎工場で出る。その人たちへの退職セミナーでの説明役だという。

イヤー、和田さん、忙しそうですね。最近は、難しい質問が来なくて幸いしているんですが、と笑われた。
そう、私は新しい庶務の仕事で大わらわ、確かにへこたれ気味。「悠々自適に余生を過ごせると思っていたら大変な目にあっているよ」と泣きの涙だ。ところでさ、METIの高度化法への対処をどうするのかの質問など、組合から秋闘要求書を今週中に出すからねと「通告」した。

DSC01130.jpg
13日、福島の南相馬市のボランテイアに行った時の風景。田畑は草ぼうぼう、家々は壊れたものもあればちゃんと立っているものもある。でも無人。漁船が道に乗り上げていた。
DSC01103.jpg
ボランテイアで下水の泥かきをやった。泥を畑にあげていたら、農家のおじいさんが「ここは榊を植えているから向こうに持って行け」といわれた。もともとその畑から流れた土なのに・・・・・・。ボランテイアというのは勝手に応援することだから、文句を言わず一輪車で10m離れた土捨て場に運んだ。放射線のレベルは低かった。


今日残業で遅くなっての山手線、品川駅で私が乗った時、眠っている老人がいた。渋谷、新宿できょろきょろと目を覚ましていた。それで馬場の手前で、心配になって、「どこまで行くんですか」と聞いた。ナンデ、キクンダ?どこだっていいだろう、という。「眠って下りそびれるといけないんじゃないかと思って」と私。
西日暮里だよ
あー、そうかい

要するに山手線を1周したんじゃないか。偏屈者に親切心など施すものではない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク