TGの四半期決算

今週発表のあったTG4半期決算は、まずまず良かった。こういうことに詳しい人から聞いた。

・石油はマージンが改善したので良かった。(1-9月実質営業利益 168億円)ただし、今月はまたマージンが悪化しており、楽観できない。石油化学はやはりキツイ、年間見通しも20億円下方修正した。

・年間営業利益が180億円の見通しなので、銀行のコベナンツ(財務制限条項)をクリアする。2012年は100億だ。ただし、2013年からのコベナンツは営業利益230億なので、ハードルは高い。社債の発行枠1000億を確保したのもその対策だろう。

・同時に発表したEMGM保有のTG株の譲渡は税対策になるというが、これは私のような素人には全くわからない。純利益予想が520億円、これは会社に質問する。ちなみに、EMGM-TG間の譲渡なので、資金への影響はないとのこと。

・依然借入金の水準が高い(1950億円)。2億株を早く処分しないといけないのではないか。

大体そういうところ。
スポンサーサイト

コメント

和田さん
決算の解説有難う御座いました。今年はコベナンツをクリアできそうで先ずは一安心しました。

タイトルは何かの間違いですね。東燃ゼネにNOを突き付けたのかと思いましたよ(笑)
しかしかつての無借金経営の超優良財務体質から大きく変わってしまったものです。
経緯上、仕方のないことですが。

見出しは公表前の間違いです。

組合として会社には何か意見具申しないのかな?  個人的には配当維持は嬉しいですが、大丈夫なんかな?

和田さんは株主なんだよね。
株主が減配要求はしないと思うよ(笑)

和田さん、最近世論迎合やね

原発は反対だけど、中国や韓国は原発推進しており、万一の惨事には隣国日本にも被害が予想される。むしろ原発の安全性ノウハウを提供するほうが国益にかなうのでは?新たに原発を日本は設立はありえないけど、既存の原発が期間満了になるまではしっかり慎重に運用すべき。地元の雇用にも影響するし。民主党は議論なく結論ありきなんで困るね

いよいよ衆議院解散。民主党惨敗、自民党公明党も過半数は微妙。石原橋下維新がキャシティングボード。和田さんはどう感じます?いずれにせよ、日本にとって重要な選挙になりそうです。

野田首相の気迫の解散で民主党は当初の惨敗予想から意外と健闘するかもという声も。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク