カミュ「最初の人間」の試写会

東京新聞の販売店からもらった映画の試写会に行った。
フランスの作家アルベール・カミュの遺作「最初の人間」を映画化したものだ。異邦人やペストで有名。アルジェリア独立戦争をめぐってサルトルと決別した。フランス植民者の立場で独立戦争に距離を置いた。わたしはそう理解していた。

どうも私の理解は短絡していたようで、この映画を見るとカミュは苦労しただけに弱いものへの優しい視線、体を張ってアラブ人の同級生の子供を助けようとした。「アルジェリアはフランスのもの」と騒ぐ学生を前に、アルジェリア人との共生を講演したが、妨害に合い散々な目に合う・・・・そういう自伝的なことを書いたもの、交通事故で死亡し完成しなかった小説の映画化だ。

「アルジェの戦い」という映画を学生の時に見た。アラブ人の住居、カスバ、入り組んだ街路、そこで抵抗する人たちの絶望的な戦い。活動家が次々摘発され、殲滅され、もうどうにもならなくなった状況で、でも、圧倒的なたくさんの大衆が手と手を合わせて道一杯に歩くフランスデモを繰り広げて終わる感動的な映画だった。

アルジェリアはたいへんな犠牲を払い独立した。でもその後を我々は知っている。抵抗し独立しフランス人を追い出したけども、結局何のことはない、パリにつながったアルジェリアの手先が支配者になって、占領時代と変わらない。

「最初の人間」で、カミュはアラブ人との共存を求め、専横支配するフランス人を批判、そして一方で独立のために暴力を使う解放運動を批判する。「平穏にくらす私の母を傷つけるようなことは絶対許さない」、と。

カミュの言いたかったことは、寛容だろう。アルジェリアはアラブ人のものだ、でもフランス人も現にいる、自分もここで生まれた。これを追い出すのではなく、一緒に住む方法がある。白か黒ではない、灰色でいいじゃないか。今だったらこういうこともわかるが、当時の右翼か左翼という中では、独立か占領維持かの二極対立では孤立せざるをえなかった。

真面目な人だったと見直した。
スポンサーサイト

コメント

私は若いのでアルジェリアの事を知って驚きました。日本はほとんど民族運動とかはないのでピンときませんが、それでも日本には多くの外国人がいます。郷にいっては郷に従え!という言葉もわかりますが、共生して新しい文化や創造していくことも大切。もっと触れ合う場を増やしていくべきですね

Re: タイトルなし

> 私は若いのでアルジェリアの事を知って驚きました。日本はほとんど民族運動とかはないのでピンときませんが、それでも日本には多くの外国人がいます。郷にいっては郷に従え!という言葉もわかりますが、共生して新しい文化や創造していくことも大切。もっと触れ合う場を増やしていくべきですね

カミュの異邦人は短編、読んでいますか。アルジェリアにいる植民者フランス人の孤独?が熱い暑い太陽のもとであぶりだされた感じがすごく印象的です。コンラッドというポーランド人作家はイギリスに帰化したのですが、彼の小説はやはり異邦の人の冷めた感じがして面白い。同国人では書けないものができるんでしょうか。

私は人見知りの方なので積極的に外国人と接するとか外国にあっちこっちいくやるほうじゃないんですが、それでも外国の山登りに何度か行ってきました。言葉は全然ダメ伝達は得意な友人に任せ、マレーシアやシンガポール、韓国などへ。不安と興味、いろいろ体験できて面白いですね。
若い人は、いろいろな機会を利用し、あるいは自分で作って国内外で外国の人と知り合ってください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク