働くと減らされる年金

定年退職して3年目にして初めて年金事務所に行った。
65歳からの繰り下げ支給にすればいいと思っていたら、全くの勘違い。手続きをしておかないと5年の時効がきいてくるそうな。

結果としては4万くらいは出そうだ。
差っ引かれる説明を聞いていやになった。

私の場合は報酬比例部分が60から出るのだが、その後も継続して働いているので
月13万くらい出るところ、半分になる。
さらに高齢者継続雇用で定年からガクッと下がった給与補てんとして月4万ほどが出るので、1万7千円ほどが差っ引かれる・・・・・・・・・よって4万強になる。

これがいつから支給されるかというと、最後のボーナスをもらったのが59歳の11月だったので、60歳の11月以降になるでしょうという。つまり、4万円強が1年4カ月遡及支給される。予想していた額の1/4だ。さらに税金。確定申告のやり直しが必要だとか。

定年過ぎて働くのがバカになると聞いてはいたが、実感した。40年近く納めた分がこの5年間、スズメの涙になるわけだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク