上流に目を向けたか

コメント氏の指摘に従い、ネットで「イラク ナシリア」で調べた。

イラク政府が南部のナシリア地区の石油開発について国際競争入札をし、14から7つに絞り込んだ。その中に日揮・東燃ゼネラル連合が入っている、という。ナシリアの原油は60万㌭ほど。

会社の中期方針でも、海外展開のような表現があった。製品の輸出拡大かなと思っていたが、上流部門へ関与していくということかと、この記事を見てわかった。喜んでいいのか、危ないなと心配すべきなのか・・・・・・・わかりません。

ナシリアについては、前の民主党政権時代、経済産業大臣が乗り込んで行って国策開発の約束をとりつけた。しかしJXなどが契約寸前までいって破綻し、今度の入札になったようだ。

昨夜のこの記事に重要な書簡を忘れていた。
原油のための汚いイラク戦争に反対したものとして、何とも嫌な入札だ。世界中で反対したが結局戦争を起こしたアメリカ。エクソンモービルなどメジャーが戦争をそそのかしたともいわれる。国力こそ衰退させたが、ブッシュの唯我独尊からオバマの国際協調に変わっただけ。何ら反省はない。日本は小泉首相の元、これに協力した。
イラクの国民は無駄死にだし、今もって宗教・民族間の争いは収拾できない。南部では劣化ウランで子どもの白血病に。
フセインでは原油掘削が開放されていなかった。ようやくそれが入札。血塗られたそういう歴史の地の原油入札である。感慨無量だ。

スポンサーサイト

コメント

え?
上流部門って、人材もノウハウもないのにどうやって進出するんだ?
素人集団がのこのこイラクに出て行って石油採掘とか、アップストリームのビジネスはそんな簡単なもんじゃないと思うが。

昭シェルと川崎地区でバーターみたいなことをするようですね、将来的に昭シェルと合併して工場は精製子会社なんかになる可能性は無いんでしょうか?

単独で生き残るのは難しいだろうからね
JX以外とならどことも可能性あるだろうね

I光もあり得ません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク