カテインの森を見た

アンジェイ・ワイダ監督による「カテインの森」を見た。東京新聞による読者への試写会に応募し、当たった。12月5日から岩波ホールでロードショー。スターリンはポーランド侵略とともに、将来の抵抗を未然に消滅しておくため将校1万5千人を拉致し、白ロシア?の森で虐殺した。その後ヒットラーが攻め入り、その蛮行を暴露。ソ連は、ナチスの陰謀と白を切る。第2次大戦後、ソ連が東ヨーロッパを支配下においているときは封印されていた。東欧民主化で事実が公にされ、当時のゴルバチョフが謝罪した。

ワイダの父親はこの犠牲者の一人。だから映画の初めに両親にささげる、とあった。
人間の命が本当に虫けらのように消される。機械的に頭にピストルを撃つ。死体をブルドーザーが土をかぶせ埋める。終わりのところ、それが坦々と続き、そして1分間の賛美歌。いやいや、滂沱の涙である。
とらわれの記録をメモし、それが遺族に手渡されるが、改めて人に伝える努力は大事と思ったしだい。

新日石労組のビラを見た
JOMOとの合併を前に日石の組合は雇用不安対策をやっているか知りたかったのだが、13日つけ「せきろう」という4面の新聞を見た。何もない。
第1回支部長会議・・・支部の「要」としての役割を確認、と写真入りだが、具体的な話はない。そして執行委員会研修会、「いきいき支部活動」。製油所のいくつかが閉鎖される。そういう議論は当然されているのだろうが、紙面には何も載っていない。組合員はこの機関紙を見てどう思うのか、高い組合費を何で払わなくてはならないかと思うのではないか。

これがJECの最大組合の機関紙かと笑ってしまった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

和田 伸夫

Author:和田 伸夫
全石油ゼネラル石油労働組合の事務局長をしています。
労働問題などに相談がある人は、遠慮なく連絡をください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
リンク